森のロッジ暮らし

停電時のお隣さんの優しさ

また森のどこかで大木が倒れたようで、早朝から一日停電。停電直後に「大丈夫?何か困っていることはない?」と携帯にメッセージをくれた100m先のお隣さん。もう感動、夫婦で感謝。

都会暮らしの頃は便利で、何かあればフロントデスクに電話し対応してもらい、隣人がどんな人も知らなかった。森暮らしを始めてから多少の不便はある。だからこそ、皆ぽつんと一軒家同士コミュニケーションを取り協力し合う。人の温かさが心に染みる。

夫とここのコミュニティに貢献できることはないかと考えていて、何かいい案が思いついて皆と交流が深まればいいななんて思ってる。

停電の中そんな会話を夫婦でできてなんか嬉しかった。