Q&A

Q. なりたい理想像に近づけず、自分自身に落ち込んでしまいます

Q.夫婦関係の改善において、他人軸で生きていた自分を変えるために「自分に向き合う」ことを始めました。でもなりたい理想像に近づけず、自分自身に落ち込んでしまいます。

自分に向き合うことは、自分のせいして自分を責めることではないです。改善点に気づいた上で「ありのままの自分を認める」ことも大切です。

自分に視点を向けて改善を重ねることは成長につながりますが、一つ一つを解決しなくてもいいと思います。どこにどう取り組み、どこを上手く逃がして自らを幸せにしていけるか。問題を解決する力も大切です。

「親との関係=夫婦関係=子どもとの関係」はつながっていた上で書いてくださった、チェさんの話です。主語を「自分」や「夫婦」に置きかえても当てはまります。

「子どもの問題は、親の問題が写し出されていることがある。だから親の私が自分と向き合うことは、必ずやるべきだと学んだ。これは責めるとかの話ではないことを理解するのが重要で、親が【気づき、認める】だけでいい。自分自身を肯定することが、子育てにどれだけ影響するかが分かった」

自分に向き合うことの意味について、参考になったら幸いです↓

http://www.alanandsakura.com/oya-mukiau/