Welcome to アメリカ

#1 私は夫と生きられて幸せだ!

引っ越ししてたった一週間。いろんなことがあった。

👍🏻 予約してたネット接続業者が当日来ない。電話をすると「担当者がいないので明日かける」と言われ、もちろん次の日になってもかかってこない。

👍🏻 予約してたフェンス業者が来ない。電話をすると「あと10分で着く!」とお決まりのフレーズを言われ、その1時間後に到着。庭を案内するが、メジャーを忘れたと言われ作業は翌日に変更。

👍🏻 次の日「到着する1時間前に連絡する」と言っていたのに、連絡もなしに突然現れたフェンス業者。無事に作業を終えた業者から「今日の夕方、見積もりをメールする」と言われてからすでに3日たってる。見積もりこない。

👍🏻 今日到着予定だった引っ越しトラックが、なんと1週間遅れになるそう…私達の荷物が全て詰まったトラック。マジで大打撃。なんで当日言うの?原因は社内のコミュニーケーションミスだそう。ほんとこれ系、多いよね…🇺🇸

今回の引っ越し、忘れっぽくて予定を組むのが苦手な夫と、前持って念入りに進めてきた。

夫もリストを作って頑張ってくれた。引っ越し先でも初日から困らないようにやったのよ。

なのに、なのにー!

みんないい加減で忘れっぽくて予定通りに進まない‼️

夫以外の人からも、同じストレスを感じる

これが、夫の発達障害に気づくのに5年もかかった大きな原因。

夫にイラつく。いやでも、夫以外の人もこんな感じだ!

しかも、極め付けは夫も相手に対してイラついてる。

「いい加減だ!また忘れられてる!繰り返し言ってるのにまた同じミスされた!」と(笑)

もう私は意味不明。

やっぱりアメリカ人てみんなこうなのかな…これが普通なのかな。

日本人がきっちりし過ぎているからなのかなって。

文化の違いに惑わされ続けていた。

そうこうしている内に、私のクレジットカードが不正に使用されていると、さっき銀行から連絡があった。

誰かがニューヨークで、私のクレジットカードで$100分の洋服を買ったらしい。

まあ、もうすぐクリスマスだからね…

心身共に疲れ果てている私に夫が言った。

大丈夫だよ。ネットも繋がるし、フェンスも設置してくれるし、荷物も届くし、新しいクレジットカードも作り直してくれる。

いつもよりちょっと時間がかかるだけ。

僕たちは新しい家に無事に到着できて、安全な場所にいる。そして健康。

それが一番大事なんだよ。感謝しよう✨

夫の存在は偉大だ。

「不満しか見ない選択」をしている私の目線を方向転換させて、今ある幸せに気づかせてくれる。

私を安心させ元気づけさせてくれる。

その夫は、唯一弱いネットが繋がる二階のトイレの中で、ここ一週間ずっと仕事をしている。

小さなヒーターを足元に置いている。

ネットは弱すぎるので、オンライン会議中に接続が途切れてしまうそうだ。

でも不満を聞いたことがない。

今の現状を受け入れて、落ち着いて生きている。

そんな夫を見て、私もそうでありたいと思うようになる。

私は夫と生きられて幸せだ。

これからもずっとずっと、色鮮やかな人生を共にしたい。

http://www.alanandsakura.com/tekito/ http://www.alanandsakura.com/suki-otto/ http://www.alanandsakura.com/otto-riyu/