アメリカでの学び

完璧主義の妻

夫婦仲がうまくいかなかった原因の一つに「完璧主義の妻」という表現をしてきた。夫にそう思われていたから書いてきたけど、今でもピンとこない。日本社会で私は「適当で大雑把な人」と思われていたから。なのにアメリカにきたら急に「細かくて真面目で完璧主義な人」と思われるようになった。戸惑う。

仕事では信頼関係に繋がってはいたけど、私がしたことは基本のみ。メールや電話返す、仕事場に時間通りに現れる、与えられた仕事をする、ゴミはゴミ箱に捨てるなど。それらが評価されると、褒められてよいことだったと気づく。そしてそれらがスムーズに機能しないアメリカ社会はもどかしい。

そのまま家に帰ると同じような苛立ちを今度は夫から感じていた。もちろん、自分が求める完璧を夫にも求めてしまう面は改善したけど、もし日本人と結婚し日本社会で生きていたら自分のズボラ性格を改善していた可能性はある。

本当は「基準はみんな出来て当たり前で、それ以上のことが出来ないと評価されない社会」であるだけなのに。

国際結婚の「異なる人種の異なる基準」は感じる。

私は、いい加減ではない。でも日本では、自分的に気にしない部分が周囲からしたら大雑把に見えたり、効率がいいと思った方法が周囲から驚かれることがあった。

日本では自分を「相手が求めるきちんとした性格」に変えなくちゃいけないし、アメリカでは相手を「自分が求めるきちんとした性格」に変えたくなる。

このままだと、どの環境、どの国で暮らしても、もどかしく感じてしまう。

自分がどうありたいか、ブレない自分の軸を持たないと。

自分のものさしで他人をはかってしまわないように。

他人のものさしで自分をはかられないように。