皆さんの体験談

妻が「日本人」だからこそ、更に苦労した外国人の夫

私達は国際結婚をしてアメリカに住んでいます。夫がアスペルガー症候群と診断されて半年がたちました。

それからカウンセリングに通い始めて3ヶ月になりますが、夫は一向に変わりません。それどころか「自分の生きたいように生きる」と言い出し、以前よりも私に意見に強く反論してくるようになりました。

カウンセリングは全く効果がないどころか、夫の言動は酷くなっている気がします。

近々カウンセラーに夫を説得してもらうように相談しようと思っています。

アランさんはカウンセリングに通い始めていつ頃から変わってくれましたか?

Sakura

この質問、ここに出すことも質問者さんに許可を得て、話す内容も伝えてあります。というのは、質問者さんもこれから私が話す内容にご自身で気づいて取り組み中だからです。

この質問内容よりは私はもう少し情報があります。(プライベートなことなので載せていません)

変わらない夫に対して、自分はどうしたいのか?

「夫が一向に変わらない」という点についてです。

アランも変わっていません。「私の理想の夫」には変わっていません。

もし「夫が一向に変わらない」という内容が、暴力とか、アルコールのトラブルとか(うちの場合は金銭トラブル)そういう家庭や家族に深刻な問題を招いてしまう夫の問題の場合は、本人が改善していく必要はあると思います。

夫の金銭感覚については「絶対に改善してほしい」と思っていたので、夫が理解するまで話し合いを重ねました。ここは夫婦で分かり合えないと困るところです。それでも1年くらいかかりました。

変わることへ非現実的な期限は設定せず、家庭でそれぞれの状況や問題は違うので、カンセリングなど第三者を加えるといいと思います。

夫婦関係の問題は、長い年月をかけて糸が絡んでいったと思うので、長い時間をかけてほどいていくものです。もしここで、夫が家庭に悪影響を与えている自身の問題に向き合うことを拒否し、何年も何年も自分がずっと悩まされている状態は変わらないままだったら…?

そこは、「変わらない夫に対して、自分はどうしたいのか?」という自分の気持ちと行動が結論になってきます。自分軸。

相手のあり方で自分の手に入れたい幸せや自己評価が決まってしまうとか、依存的な関係ではなくて、勇気を出して一歩抜け出すと、自分のための新たな広い景色が見えるのではないでしょうか。

人と分かり合えないことに慣れていない日本人

それ以外。昔は、夫の返事が自分が想像していたものと違ったり、なんでいちいち言わないと行動してくれないの?わかってくれないの?とイライラすることがありました。

この気持ちが強いと相手に怒りを感じてしまいます。人と自分は違うことを前提とし、コミュニケーションを交わす方が健康的な人間関係を築けると気付きました。

自分と他人は違う人間。たとえ夫婦でも。

「自分の考え」を「自分以外の人間」に押し付けて、「自分と同じ考えを持つ」ように「自分と同じような行動をする」ように説得する、なぜならそれが普通でしょ?という考えは私が改善しました。

日本の教育は、違いある人、個性ある人を伸ばせる場所がなくて、みんなを平均化しています。もしかしたら今の自分も、教育の段階で本当は伸ばされるべき何かの魅力持った人間だったかもしれないですよね。

妻が日本人だったからこそ、苦労した夫

日本人は空気を読む能力を鍛えるばかりで、ハッキリと言葉にして伝えるスキルを身につけていないと思います。「これくらい言わなくても分かるでしょ!」とよく言われるセリフは、日本語でしか存在しないようなフレーズだと思います。

これは私が留学でアメリカにきた頃に、カルチャーの違いの一つとしてぶつかった壁です。

小さなことでも、言葉にしないと相手には自分の気持ちは一切伝わらない。他人は、自分と同じ考えをしていなくて当たり前。だからと言って、それは悪いことではない。どちらかが合わせる必要もない。

ここは、夫は日本人の私が妻だったからこそ苦労した部分です。
アメリカ人同士の夫婦よりも。

私が日本で当たり前だった空気を読むスキルや「こういうことにはこう考えてこういうのが普通でしょ?言わなくても!」のような考えが、夫婦関係がうまくいかなかった原因の一つです。

私は夫に出会う前からアメリカで働いていたので、ここの違いが分かっていたつもりでした。それでも夫婦になった時は、夫に日本の「推測する文化」を押し付けていました。私の改善点でした。

フォロワーさんから参考になる情報として教えていただいたPodcast (海外の聞く文化と日本の推測する文化) があります。

カナダにきて、他人が自分が希望する行動をとってくれないことに苛立っていた。

夫や友達にその不満を言うと、「え?それあなたから言われてないよ?」と言われた。

確かに言わないのに理解しろっておかしい。肝心なことを言わないのに欲しいものが手に入らなくて不満を持つなんておかしい。

言わないでモヤモヤするより、言ってスッキリする方がいい!

カウンセラーに対して、自分を有利にする要望は禁止

私達はカップルカウンセリングに初めて行った時に、セッションを始める前にカウンセラーの人に「夫が間違っていると言ってください、妻が間違っていると言ってくださいと、とパートナーには内緒でお願いされることがあります。そういうことは辞めてください」と言われました。

カウンセラーを自分の味方につけたいと思ってしまう夫婦が多いんだろうなと思いました。パートナーのカウンセラーに、自分の味方になってもらおうとするのはよくない行為なので、辞めた方がいいと思います。

カウンセラーは中立的な立場であるべきです。もしそういう要望を受け入れてしまうようなら、そのカウンセラーさんは良くないと思います。カウンセラー選びも大切です↓

http://www.alanandsakura.com/counselor-chui/

自分らしく生きる

カウンセリングに通いだしてから「自分の生きたいように生きる」と言い出し、以前よりも私に意見に強く反論してくるようになりました。

カウンセリングでの主役は、自分の心。何を思っているのか?なぜそう思うのか?自分がどうしたいか、なぜそうしたいのか?

今まで深く考えたことがないようなことに対して、自分自身に問いかけて、自分がどう生きたいか、これからどうありたいかが見えてきます。

「自分の生きたいように生きる」と、これだけの言葉をとると自己中わがままっぽい印象があるのですが、そういう直訳的な意味ではないと思います。

「自分らしく生きる」という意味ではないでしょうか?

私達が改善していった関係性です。

自分はこう思うけれど、あなたはどう思うの?と、まず自分の考えを言い、相手の考えも聞く姿勢もとる。

二人の考えが違う場合。違ってもいい。だからどちらかが我慢して一方に100%合わせることはしない。

二人で話し合いをして、納得できる中間点を見つける。

自分と違う人間が仲良く生きていける一つの秘訣だと思います。