本.映画.記事

インドのスパイスで生理痛が和らいだ

夫にある日「生理きたのに平穏な日々だね!驚」と言われた。

PMSだと思うが、私は生理前はイライラが激しく些細なことでブチギレてしまう。夫にもそれを説明し「お願い!あなたのせいじゃないのはわかってるけど、この期間で発生した夫婦喧嘩だけは理不尽だと思っても私に秒速で謝って!」と本人は納得できないであろうお願いをしてきた。

でも実行されたことはなく私もPMSを忘れてキレていることが多い。そして生理がくると腹痛でうめき出し、数日間は腰痛や頭痛にも苦しむ。生理前は理不尽なことで怒られる上に、生理中は腰マッサージ、おでこの冷えタオルやお腹の湯たんぽ交換など私の看病に追われる可哀想な夫。それが今回は一切なく、妻が穏やかで驚いていたのだ。

私もびっくりして、逆にホルモンバランスに異常でもあるのか心配になったほど。

しかし最近、中谷美紀さんの本でインド料理に興味を持つようになり、インドカレーからスパイスをよく摂取していることを思い出した。生活の変化といえばそれ位しか思いつかない。

手作りチャイも毎朝飲んでいた。スパイスの効能を調べると、インドのスパイスは「食べる漢方」と呼ばれているらしい。生理痛を緩和する効果もあるとか。

今まであまりの激痛とめまいに病院にもいったし、薬も飲んだし、PMSに効くとかいうハーブティーも飲んできた。私にはぜんっぜん効かなかった。やっぱりインドのスパイスの効能なのかもしれない、と思うと嬉しい。そうであってほしい!

そして読書はやはり思いがけない所で心を豊かにしたり、新しい知識を得たり、健康に繋がると実感した。