皆さんの体験談

死に物狂いで頑張った子育ては他人からすると「キレイごと」?

絵が得意な発達障害の子の記事を読んでいた時のこと。親御さんがどのように個性を育てていったかを知ったり、絵を描いている時のその子の笑顔の写真を見てあたたかな気持ちになっていた。

大荒れのコメント欄を見てしまうまでは…

そこには同じ発達障害の子を育てる親御さん達からの否定的なコメントがズラリと並んでいた。そんなのキレイごと、現実はありえない、うちはもっと辛い、発達障害とは言えない、この家が恵まれてるだけ、などなど。そのご家族やお子さんがコメントを読んだ時に深く傷ついてしまう心が見えて悲しかった。

確かにその記事は辛かったことには触れてはいなくて全体的にポジティブな内容だった。でもきっと、親御さんは辛くて泣いて悲しくて死にたくなった時もあったはず。他人には見せていない自分の姿って山ほどあると思う。ライターさんも現在の様子に集中した方向で取材したかもだし。全部言わなくても状況を察するのが得意な日本人なのだから、辛いことはあったけれど書かれていないことは察してあげるのも優しさだと思う。

死に物狂いで頑張ってきたであろう子育てと家族の人生を、「キレイごと」と一言、否定を言い放ってしまう他人が大勢いて、そこに何千ものイイねがついていることに恐怖を感じた。

発達障害の違いはあれど、情報を共有しあったり悩みを相談しあったりできるかもしれない人を、なぜ敵対視して行動に移してしまうのか。子育てに限らず、そういう思考が人生のあらゆる面で孤独と辛さを招くのではないか。

日本の発達障害関係の記事は、社会への苦労や困難が中心に感じる。それはリアルな現実だと思うけれど、そこに明るい記事が全くない方が問題だと思う。そして明るい記事が出た時に、出る杭は打たれる並に叩かれまくってしまうことも大問題だと思う。しかも仲間により。

どんなにネットで大暴れしている人でも、実際に会うと礼儀正しく優しい人であると思う。そういうもんだと思う。でも、ネットこそ現代ツール。使うなら自分のために役立てたい。いろんな家族の例が記事で紹介されて、いろんな家族の生き方の形があっていいんだよという優しい空間になりますように。私はまず自分からそんな空間を作っていきたい。