皆さんの体験談

娘は「離婚して」と良く私に言っていました(Cocoroさん編)

夫婦関係がお子さんの心へ影響する心配をしている方々はたくさんいらっしゃると思います。

今日は、旦那さんがアスペルガー症候群、ご自身もカサンドラを乗り越え、そして母の立場でもあるCocoroさんの投稿を紹介します。

私も子供の事は、夫婦関係よりも、重い問題でずっと悩んでいます。

私のDMにも、お子様から相談がきた事があります。

身近な知人のお子様も、ご両親の発達障害&精神疾患の影響により、不登校になり、情緒不安定が続いています。

うちの娘たちも、親や友達には言えない事を、いっぱい抱えています。

子供は、大人以上に、ピュアな分、本当に本当に深く苦しんでいます。

そして、第三者に相談する場所がないのです。あったとしても、行きません。

子供はヘルプが出せません。

DMの子も、大人は信じられないから、と相談場所には行きません。

私がまだ、ASDやカサンドラとわかる前までは、主人と口論した後に「パパはやんなっちゃうよねー」と、娘たちに同意を求めていたのです。

これが子供たちにとって心の負担だった、と反省しています。



カサンドラさん、どうかお子様を頼りにしないでください。

お子様をカサンドラさんの見方につけないでください。

そして、離婚しない理由を、子供の為に、と言い訳をしないで下さい。




ASDとカサンドラが解ってからは、私の娘への対応も変わりました。

娘からパパの事を聞かれれば、特性の話をし、パパの心ない言動により泣いていれば、話を聞き、パパの特性上の気持ちの代弁をしています。

でも、いくら私がフォローしてもしきれない問題を心に抱えている事は事実です。

娘は「離婚して」と良く私に言っていました。

でも、現実にパパが別居した今、嬉しい様子はあまり感じられないのです。パパがちょっとうちに来ても、うちに居なくても、微妙で複雑な気持ちのようです。

私と主人の関係は良くなっても、娘と父親の関係はまた違います。

娘はまだ、心が揺れ動いている時なのかもしれません。

本当に、繊細で難しい問題です。

以前、私がカウンセリングを受けていた時から、娘の相談はしていました。

心理士さんからは「娘さんは娘さんの課題を乗り越えていくのです」と言われた事があります。それはそうかもしれません。

言っている意味は解りますが、本当に、そんな教科書のような簡単な事で良いのか、私の中で結論は出ません。

未来がある子供たちの心の傷を、少しでも軽くするにはどうしたら良いのか、まだまだ模索中です。