アメリカでの学び

カサンドラをこんなにもアスペルガーとペアにしている国は、日本くらいではないだろうか

アメリカで、私と夫がコンタクトを取った心理士や精神科医たちは、誰ひとり「カサンドラ症候群」という名前を知らなかった。予約がなかなか取れないため、私なんか個人で8人くらいに問い合わせたが「カサンドラ症候群」と言うと「は?」と返された。

「家族がアスペルガーであるために情緒的な相互関係を築くことが難しく、不安や抑うつといった症状が出る状態」という内容は知っている、と思われるが一人一人に確認したことはない。カウンセリングの方向はそっちへは行かないからだ。

初日、私は日系人カウンセラーにカサンドラ症候群が日本でどれだけ知られているのかを必死に説明した。専門家なのになんて無知なんだ!と苛立った。今振り返れば、発達障害:先進国のアメリカで勇気あるズレた行動だ。私の話に穏やかに頷くカウンセラーには、全部見透かされていたんだと思う。

それから年月をかけ私は、日本の国民性がどれだけ簡単に自らカサンドラを生み出してしまうか理解することになる。誰かが決めた常識や普通だらけで、同調することが当たり前で、個より集団に重点を置いた教育を受ければそうなってしまう人は自然と増える。

日本レベルで「共感してもらえない!察してもらえない!」と問題になってしまうことは、海外だと逆に「考えが違うだけ!察せないからハッキリ言ってよ」で終わることとなる。アスペルガー側がおかしいと言われてしまう基準も、カサンドラになってしまう基準も、日本は低すぎるのだ。

発達障害の人でなくても、窮屈な社会に実はみんな生きづらさを感じているのではないかと思う。小さい頃から日本人をやってると、かなり意識しないと自分らしさがなくなっていく。発達障害との関わり方どうこうより、日本の独特な国民性や教育問題の認識と改善が先だと思う。簡単に変われないと思うが。

今はちょうど、子供の頃に発達障害を見過ごされてきた人達が大人になり家庭を築いている年代だから、無自覚の大人の発達障害の問題もある。家庭でも学校でも特性に配慮された対応をされてこなかった場面が多いだろうから、人格形成や人との関わり方に影響が出ていると思う。本人だって辛かっただろう。

カサンドラをこんなにもアスペルガーとペアにしている国は、日本くらいではないだろうか。カサンドラの名前を強調した書籍やカウンセリングも出てきて、ビジネス目的が見え隠れし違和感を持つ。

発達障害:発展途上国の日本、社会はこんなやり方で本当に心の病を救おうとしているのだろうか。