皆さんの体験談

ADHDを持つカナダ人夫と結婚した私の話(Akkoさん編)

私はワーホリでカナダに行ったときに現地でカナダ人夫と出会い、結婚しました。現在は夫と子供1人と3人で暮らしています。私たち夫婦は、今までにADHDによる夫の問題が起こるたびにたくさん話合いをしてきました。

私は我慢の限界を超えて感情的になりやすいことがあったり、一度話し合って解決方法を見つけ出し、それを実行して数か月後に同じ問題が起きたなんてこともよくあります。

ADHDの症状はライフステージ(学生、大学生、社会人、結婚、子供など)によって様々な問題が起きると思います。その中でも、夫の場合は次の症状があります。

  • 時間管理が不得意・物事を忘れやすい
  • 重要な日付や期限を覚えたり準備したりするのが苦手
  • 不適切な時にスマホや興味のあることへ刺激を求めてしまう
  • 会いたい気持ちはあっても自分から友人や家族と連絡を取り合おうとしない
  • 眠くてもYouTube等見ることを自分自身でやめるのが難しくて常に寝不足

これは夫の問題点や苦手とすることの一部ですが、同じADHDを持つ人でも症状や苦手とすることが違います。育った環境、今住んでいる環境、周囲の人や社会とのかかわり方が関係しているのではないかと私は思います。

夫はカナダの大学に通っているときに、課題を提出するのを忘れたり、そもそもやらなければいけない課題があったことを忘れたり、授業に毎回遅刻したり、楽しいことがあると時間を忘れて夜更かししてしまい翌朝起きられなくて大学の授業に行くことができなかったり…などの問題点が増えてきて大学の単位を取るのが難しい状況に陥りました。

義務教育はすべて授業の時間割が決められていますが、大学生は授業の選択、課題の提出、サークルやアルバイトなどすべて自分でスケジュールを立てなくてはいけません。ADHD当事者で義務教育までは問題がそこまでなかったのに、大学生になってから急にできなくなったことが増え生きづらさを感じたり、問題解決が難しいことから、ADHDの可能性に気付く人もいると思います。

夫は大学に在中しているカウンセラーに相談したところ、自分にADHDの可能性がある事を知ったのがきっかけとなり、28歳の時にPsychologist(精神分析医)にADHDと診断されました。その後私と出会い、結婚しました。

夫からADHDであることを告白された当時は、病名を聞いたことはありましたが、私にはADHDの知識はありませんでした。ネット上でADHDについて私なりに調べてみましたが、日本語だと情報が少なく、とくに大人になってからADHDと診断された人についての情報を探すのは大変でした。日本は発達障害について専門知識を持っている人がとても少なく、服用できる薬の種類や発達障害に関する本も海外に比べてまだまだ少ないです。また北米と比べてADHDに対する周囲の理解度も低いと思います。

私はADHDに関する本を読んでいくうちに、夫の症状や問題点がなんとなくわかるようになり、夫との接し方も変わり始めました。具体的には、時間や物忘れを防ぐための声掛けが特に効果がありました。私は夫に対して最初の頃は特に攻撃的に攻めてしまい(今もたまにあります)、夫を何度か追い詰めてしまったり(そのせいなのかわかりませんが、夫がパニックアタックを起こしたこともありました)、不快な思いをさせてしまったりもしました。

私は夫に対して、「どうしていつもこんなに時間ギリギリなの?どうしてこんなに忘れやすいの?」など私自身を基準に考えて夫を見ていたので、イライラしたり、時には怒りさえも感じる事があったのですが、それによって私が疲れやすかったり些細な事にまで口うるさく言ってしまうことがありました。けれど、これは夫ではなくADHDのせいだ、夫にはちょっとしたサポートが必要なんだって思うようになってからは、私自身も少し楽になった気がします。

何でもかんでもADHDのせいにするのは良くないのですが、しょうがないって精神を持つことが私には必要だったのだなと思います。

私が夫とコミュニケーションをとるときに大切にしていることがいくつかあります。

① 相手を否定しないこと。

例えば、夫が食事後の食器洗いを担当しているのですが、スマホをダラダラ見てなかなか行動に移らない時は「スマホ辞めてお皿洗ってくれる?」ではなくて、「何時にお皿洗うの?」という感じに具体的に時間などを質問にして聞きます。誰だって自分が今やっていることを頭ごなしに否定されたら気分悪くなって、やろうと思っていたこともやりたくないと思います。

② お互いのスケジュール確認

前もって予定を知っておくことで時間の確保ができますし、突発的に準備をしなくてはいけないという状況を防ぐことができます。スケジュール確認をしていても、私たち夫婦は予定通り進められず、うまくいかないこともよくあります。その時はまた予定を立て直す話合いをします。

③「ありがとう」「ごめんね」「I love you」を言う

一緒に生活をしていると当たり前になり、 素直に感謝を伝えることをしなくなると、 やったのにという気持ちが増えていき、 あるときちょっとしたことでスイッチが入って怒りが爆発します。 食器洗ってくれてありがとう。 洗濯物たたんでくれてありがとう。 ちゃんとあなたのやってくれたことに感謝しているよと伝えます。 また、起きてしまった問題や自分が悪かったと思うことに 「ごめんね」と声にすることで 相手に謝罪の気持ちを伝えるようにしています。

言い合いなどが起きた後も 「I love you」と一言いうだけで 安心感があると夫は言います。 英語圏の文化の違いだと思いますが、 日本で育った私からすると言い慣れていない言葉です。 私にとってはごめんね、ありがとうと同じ意味合いで 「I love you」 も大切なんだなと思っています。

今はだいぶ良くなりましたが、夫はやるべきことを後回したり、問題があったときに問題を作ってしまった恥ずかしさから事実を隠したりする傾向があります。相手に伝えたり、話し合ったりすることで解決することがあります。まずは話しやすい雰囲気を作るためにも、コミュニケーションで大切にしている3つのことは私たち夫婦にとって必要です。

お互いに持っていない部分を支え合って行けるのはパートナーに限らず、家族でいるためには必要なことだと思います。必ずしもすべてを支えることは誰にだって難しいですし、相手のためにもなりません。適度な距離をもったり、自分だけの時間を自分のために過ごしたりすることも気分転換になっていいと思います。

私たち家族3人の生活は子供が大きくなるにつれて、これからもっと変化していくと思います。壁にぶち当たるたびに、しっかりとコミュニケーションをとり、これからも明るく楽しい家族でいれたらいいなと思います。

Sakura

Akkoさんご夫婦、国際結婚の視点を含めた家族であるための大切なこと、をたくさん教えてくださりありがとうございました。

秘書が欲しい!

Akkoさんの旦那さんが大学中に苦労し始めた所を読んで、アランの言っていたことを思い出しました。

アランは、大学や会社ではほとんど問題はなく「結婚してから」困り始めたタイプです。

結婚後、夫婦で夫のアスペルガーを知らない5年間、夫はしきりに「秘書が欲しい!」と言い本気で調べて問合せをしていました。結婚し環境が変わって、いろんなタスクが増えていっぱいいっぱいだったのでしょう。

そんな目が回るほど忙しくないし「なんのために雇うの?」と問うと、「例えば歯医者の予約をしてくれて、歯医者当日の朝と10分前にもう一度リマインドしてくれる。会議の時間も10分前に知らせてくれる。スケジュールを全て立ててくれて、その日の時間ごとに何をやるべきかどこへ行くべきか教えてくれる秘書が欲しいんだ」と言っていました。

私は「そんなこと自分でできるじゃん。お金の無駄だから雇わないでよ!」と返しました。例えば、歯医者さんの予約をスマホでスケジュール管理をしても、当日リマインダーの音がなっても、それでも忘れてしまうのです。なぜそんな簡単なことが自分でできないのか、当時の私には全然理解できませんでした。

今でもたまに、たくさんのタスクに追われてイライラしている夫を見ると、誰かにスケジュールも行動もキッチリと管理されていた方が、本人はやるべきタスクに集中して成果をあげられるし、周囲にも迷惑をかけずにいられるんだろうなとは思います。

子供のためと言う名の母親の願望に苦しめられる

前から投稿に書き綴ってきましたが、ADHDの可能性のあるアランの弟(現在も無自覚)は、Akkoさんの旦那さんと似たような理由などもあり、高校からすでに学校についていけなったそうです。苦労してやっと高校を卒業したのに、次は大学。息子の発達障害を知らないお母さんから「大学卒業」を願われていて、退学や留年、違う大学へ入学し直しを繰り返し、結局卒業できていません。

あなたの将来のためになるから!という名の「母親の願望」に、随分と辛い思いをしてきたのではと思います。本人も周囲も、発達障害を持っていることを知らないという状況は、みんなを精神的に苦しめてしまうのです。

なぜ僕は、みんなと同じように普通に卒業できないんだ!
なぜ息子は、みんなと同じように普通に卒業できないんだ!

(この辺りの実話です↓)

http://www.alanandsakura.com/56-suitable-job/

今の自分の振る舞いは育った環境も影響している

弟は大人になってからも多々トラブルを作り、まず自立ができませんでした。弟と私達夫婦の間には未解決の金銭トラブルも残っています。返済すると約束したのに、できなかった理由を誰かのせいにしたり、失敗を隠して嘘をついてしまう、など、信用をなくす行為ばかりで非常に腹立たしく、私達は頭を抱えていました。彼のADHDの可能性に気づいていない頃の話です。

でも、彼をそのような行為に走らせているのは、ずっと「普通」ができないことを周囲から怒られてきた辛い過去の体験が繋がっている、と今は分かります。

できないタスクを正直に言うと、「なんでこんなこともできないの?」と周囲に呆れられたり、母親を悲しませたり、父親を怒られてしまっていた。怠けていると思われてしまった。そのような恐怖心を「その場限りの嘘をつく」ことで、子供の頃から周りも自分も守ろうとしてきたのかなと思います。

この辺りの分析は、アラン家族と話し合ったりカウンセラーさんに相談して聞いたことです↓

http://www.alanandsakura.com/57-our-limit/

Akkoさんの旦那さんが在学中にカウンセラーさんに相談できて本当に良かったなと思っています。

弟も自ら周囲に助けを求めらたら、何かが変わっていたのかもしれません。でもそれすら思いつかずに、周囲からのプレッシャーとできない自分に苦しんでいたのかもしれません。

現在でも心の内を打ち明けられる、本当に信頼できる人はいないのではと思っています…

どう生きたいかは本人が決める

弟のように、アカデミック・プレッシャーを受けながら劣等感と戦ってきた人はたくさんいると思います。私達の両親の世代は、大学に行かなかった人も多いため、自然と「自分の子供は大学に行かせたい」というアカデミック・プレッシャーをかけてしまう親もいると思います。

日本は個性を伸ばす教育の場がありません。発達障害であってもなくても子供の学業に関しては心配が尽きないと思いますが、本人の「やりたい」気持ちを尊重して「苦手」も認めてあげて、普段から家族でコミュニケーションを大切にして欲しいなと願っています。

相手を否定しない

夫のアスペルガーを知った直後から、夫婦関係が荒れ始めました。アラン”本人”を強く否定してしまうことが多々あり「自分の基準」を押し付けていたからです。

Akkoさんの旦那さんと同じく、アランも食器洗いが担当なのですが、やり忘れが激しすぎて我慢できなくなりました。仮に洗ってくれても、食器洗浄機に入れてはいけないものを何度言っても忘れてしまい、変形し割れている食器を何度も見ては、ため息をつきました。やってくれたことへの感謝はゼロで、マイナス面を100%見ていました。

夫はわざと忘れてしまったり、わざと私を困らせているわけではなく、夫婦で協力しようとしてくれているんです。それすら見失い、いろんなことで夫を責めていました。 Akkoさんの聞き方の工夫は見習いたいです。

夫のアスペルガーのせいではなく、私の否定的な捉え方せい

ある日、夫が爆発しました。

僕には違いがあるだけなんだよ!
僕を何もできない人間みたいに扱うなよ!
僕のせいだというのはもう辞めろよ!
そんなに誰かのせいにしたいのなら、アスペルガーのせいだと言ってくれよ!

夫の涙を初めて見た日でした。

(この辺りの実話です↓)

http://www.alanandsakura.com/6-we-are-both-in-pain/

「アスペルガーのせい」

当時、私が否定ばかりしていたからこそ、夫の口から出てきた言葉です。夫はアスペルガーであることを誇りに思っているのに、関係のない人間の私が認められなかった。

この辺りはAkkoさんも言われている、 「お互いに持っていない部分を支え合って行けるのはパートナーに限らず、家族でいるためには必要なこと」だと思います。

以降、自分を基準にして夫を見下したり、ジャッジしたり、できないことを責めたりする行為だけは絶対にしないように気をつけています。大切な家族に対してこれができないと、他の人間関係でもできないと思っています。

あれから私の心も成長でき、現在は私も夫がアスペルガーで良かったなと思っています。心から思っています!

日本の推測する文化がややこし過ぎる

最近のYouTube(5/14/20)で話した「海外の聞く文化」と「日本の推測する文化」のPodcast を紹介してくださったのもAkkoさんです。

私は、ハッキリと言葉にして伝えないと分からない夫のアスペルガーの特性にイライラしてきましたが「推測する文化」からきら日本人の私が妻だったからこそ「海外の聞く文化」で育った夫は何倍も苦労したと思います。

夫が外国人だったからこそ、良いと勘違いしていた日本人の偏りにも気づけました。

私が夫の問題だと決めつけていた部分は「空気を読みすぎることが習慣になって、言葉にしてハッキリと自分の気持ちを相手に伝えるスキルを身につけていない」私側の問題でした。夫のアスペルガーの特性からくる問題ではありません。

社会が変われば、発達障害は障害ではなくなると思います。

私も「聞く文化」で育った人だったら、夫とこんなに無駄な喧嘩はしてこなかったと思います。

夫が私と同じ「推測する文化」で育った人だったら、、、様々な基準に締め付けられていて、喧嘩が酷くなる気がします😅

このような日本人の特性が原因で、日本人同士でも余計な喧嘩を招いたり、視野が狭くなったり、人間関係をうまく築けないこともあると思います。 察することは必要ですが、与えるのも求めるのも最小限にしたいです。

「自分とは?」という自分自身を知る所から始めて「日本人とは?」まで考えられるようになった時、夫婦関係が更に丸くなりました。

愛情は伝え合おう

パートナー以外にも、親が子へ、子供が親へ「 I love you」と言い合う文化は本当に素敵だなと思います。

そうやって愛され方、愛し方を学んでいくんだと思います。

アランが家族との電話の最後に「I love you」と言い合っているのを聞くと、温かな気持ちになります。

私が突然両親に「愛してるよ」と言いながらハグや頬にキスなんてしたら困惑すると思います。でも本当は嬉しいと思います。

「言わなくても分かるでしょ!」という文化は、一番大切な愛の言葉までも奪わないで欲しいです。

アランは私とどんなに大喧嘩をしても最後は、

「僕達はお互いを愛し合っているんだよね?」と気持ちを確かめ合うことをしてくれました。これに何度助けられたことか。

(この辺りの実話です↓)

http://www.alanandsakura.com/63-stopped-involving-relationship/

「I love you」は言えば言うほど家族が幸せに包まれると思います。