皆さんの声

なぜ日本人ばかりがカサンドラになるのか⁉️

Sakura

今日は、雨音さんの投稿をご紹介します。(雨音さんへの個人的なご相談はお控え下さい)


カサンドラは本人の中に癒されていない アダルトチルドレン(AC)が居て、パートナーや周りの人に共感や肯定されないことで自己肯定感が下がり、孤独感を増すことで起こるのかな。

だとしたら、自己肯定の方法を他人に委ねず自分軸を持てているなら(=ACが癒されていればorインナーチャイルドが傷ついていないなら)、たとえアスペルガーのパートナーと一緒に居ても、カサンドラにはならないんじゃないだろうか。

確かにアスペルガーから離れることでカサンドラは回復するが、再会して再発するなら、根本的な問題の改善にはなっておらず、ACが回復していたなら再会してもカサンドラは復活しないと思われる。

アスペルガーとACではない人の組み合わせでは、アスペルガーのパートナーはカサンドラにはなり得ない。

結果、カサンドラとして浮上するのは、ACを抱えた人となるのかも知れない。

そして誰もがACを抱えていると言われる病み国日本だから、カサンドラ症候群という言葉が、海外よりも横行しているんじゃ無いかなぁ…

カサンドラのアメリカ人に会ったことがない

今まで、「さくらさんの周りのアメリカでは、アスペルガー症候群の夫を持つ奥さんはどのように問題に対処していますか?」と聞かれることが多々あり返答に困ることがありました。

まず私の周りの外国人夫婦に、夫がアスペルガー症候群で悩んでいる人がいないんですよ…カサンドラ症候群の方がいないんです…

英語圏のネット上ではカサンドラ症候群という言葉は使われないものの、アスペルガー症候群の夫へ対する悩みは見つけることができます。でも日本ほど量はすごくないし、暴言ではなく相談が多いです。TwitterやインスタなどのSNSでは、カサンドラ側の発言を一度も見たことがありません。カサンドラ専用のアカウントも見たことありません。(発達障害当事者やそのご両親、団体が中心)

カウンセリングが浸透している文化なので、適切な相談相手(専門家)に悩みがあったら「解決するために相談に行く」からだと思います。SNSで愚痴を吐いても、脳は逆にストレスを生み出してしまうので、発散にも解決にもならないですから…

英語でも「カサンドラ」と発信しているの私くらいじゃないかな…?外国人に「何言ってんのこの人?」って思われているだろうなあとは毎回思っています😅 なので英語版はいつもちょっとだけ内容を変えてはいます。

発達障害について進んでいるアメリカで、カサンドラ症候群(まず病名ではない)という言葉が広まらない事実。心理士も精神科医も知らない。カサンドラ症候群はアスペルガー症候群の人との関わりから発生する二次障害ではありますが、自分が選んだ結婚相手:「夫婦関係」となると向き合うべきところは相手ではなく「自分自身」になるからだとは思います。

ここシリコンバレーは、アスペルガー症候群の人が多いと言われています。IT企業が集まっているの地なので、アスペルガー症候群が多いと言われているエンジニアの方がたくさんいるからです。

私のお友達や知り合いには、夫がアスペルガー症候群の方がざっと数えて10人はいます。っぽいなあ〜と思う人はもっともっといます。でもみなさん、私のように死にそうになるくらいのカサンドラの苦しみに陥っていません。

奥さんたちとカサンドラ症候群について話し合ったことは一度もありません。夫がアスペルガー症候群であるための悩みも話したことは一度もありません。

夫やお子さんの良い面ならたくさんたくさん聞いたことがあります!↓

http://www.alanandsakura.com/homeru-kenasu/

一度、アスペルガー症候群の夫を持つ日系アメリカ人(アメリカで育った日本人)の奥さんに、共感されるであろう前提で、

Sakura

私はアランの特性でこんなことに困っているのよー。奥さんはどう?

と聞いたことがあります。

しかし、共感も同感もされませんでした。その代わり返された言葉は、

う〜ん。まあいろいろあるけれど…うちの夫すごく優しいんだ。

超恥ずかしくなりました😳 私は何を言っているんだ!

でもその後、過去に困った旦那さんの行動を「1つだけ」話してくれました。私にちょっとでも話を合わせてくれようとした優しさからでしょう…😅

それでも旦那さんのことは絶対に悪く言わなかったし、「こういうことがあったんだよ〜困っちゃうでしょ。ふふふ」と明るい感じに話してくれました。

これは私のカサンドラ症候群が酷い時期の話なのですが、夫の愚痴を言わないアメリカの文化 の中にいて、私の夫のことも、自分の旦那さんのことも悪く言わない素敵な友達がたくさんいたからこそ、良い影響を受けてきたのだと思います。(よく言われている「周りの人はこの苦しみは分かってくれない😰」とは私は思わなかったです)

きっと各家庭で問題の一つや二つはあると思います。でも私達夫婦のように、アスペルガー症候群の夫が原因で、この世の終わりのような争いをしている方々は私の周りの外国人夫婦にはいません。

そこはやはり、日本の教育や文化が大きく関係しているのだろうなとは思います。

1. 自己肯定感が低くなってしまう教育↓

http://www.alanandsakura.com/jikoshucho/


2. コミュニケーションの仕方の問題↓

http://www.alanandsakura.com/guess-culture/

3. 日本人はほとんどの方がアダルトチルドレンに当てはまってしまう?↓

http://www.alanandsakura.com/cassandra-ac-kankei/

この3つ、日本で育った私は全部心当たりがあるので、カサンドラ症候群という状態を作り出して(これは仕方ないか)、”更に悪化”させていたのは「私」ということになります。日系アメリカ人の心理士さんとのカウンセリングでも触れた部分です。

離婚率も再婚率も高いアメリカの良い点

自己アイデンティティを形成し、自己肯定感を高めるアメリカの教育。だから「私は私」という「自分軸」で生きる人が多いのだと思います。

そういう人たちが大人になって夫婦になった時、「幸せを他人任せにしない」「自分で自分の人生を選ぶ」という姿勢があるからこそ、他人を変えようとせずに、自分らしく幸せに生きようと行動ができるのだと思います。

日本文化にある「耐えることが美徳」という考えもないので、我慢してまで文句を言いながら結婚生活を続けることもないと思います。

だからこそアメリカは離婚率も再婚率も高いのではないかな。

発達障害について非常に遅れている日本。なのに「カサンドラ症候群」というどの国も使用していないカテゴリーが一人歩きして、解決方法は「夫の特性を学ぶ。受け入れる。相手は変わらないのでナンタラカンタラ〜」とこれまた被害者意識を高めるアドバイスも多い。

まず、そこじゃないんですよ…

相手じゃなくて、自分自身を知ろうとするところから始まるんです🌱

http://www.alanandsakura.com/tuna-san/

POSTED COMMENT

  1. mm says:

    カサンドラ、という言い方をしないだけで、アメリカにもカサンドラ的状況に悩んでいる方はいるのかもしれないです。
     
    ちょっと検索したらこんな論文がでてきて、概要にこんな一文がありました。

    ”Among families rearing children with autism quality of conjugal communication was worse than the one among families with healthy children nevertheless only women declared such a state of affairs. “

    カサンドラ症候群的状況を連想します。ほんの少し検索しただけでこういう論文が出てくるなら、日本でいうところのカサンドラ的状況にいる人は、やはりアメリカにもいるのかも?と思いました。

    アメリカにおけるカサンドラをしらべるなら、カサンドラのキーワードを使わずに調べた方が、それっぽい事例が検索できるかもしれません。